はじめに

<歴史学入門 ーなぜ歴史学を学ぶのか>

“ 我々が、「歴史」を学ぶ意味はどこにあるのでしょうか。

 最初に,「世界史」を学ぶ意味から考えて見たいと思います。

まず最初に、思い浮かぶことは「事実」としての過去から現在に至る「世界の歴史」を知ることは、この世界そのものを理解することにつながるということです。

例えば、宗教を一つの例に取れば、キリスト教の歴史を学ぶことにより、ヨーロッパの一面をより深く理解することができますし、同様にイスラーム教の歴史を学ぶことで、西アジア(中近東)の理解も深まります。

そして、両者の歴史的な関係を学ぶことで、両者の対立の歴史、さらには現在の中東情勢などもより深く理解できるようになります。

また、ヨーロッパのアジア進出を例に取れば、「世界の一体化」といわれるように、各国の歴史とその歴史的な関係は密接に結びついていき、(日本も明治維新以後世界史の一部として、もちろんそれ以前にも中国・朝鮮などとの関係はありましたが)現在の世界を形づくっていきます。

現在のグローバル化した国際状況のもとでは、多くの経済活動や情報などは、我々の国内の政治や経済に直接に多くの影響を与えていることは言うまでもありません。

このように各国の歴史や、お互いの歴史的な関係を知ることは、今の国際社会や、我々を取り巻く現代の社会を正しく理解する一助となります。

さらに、視点を変えれば、過去の歴史を知り、自分が立っている位置を確認することは、「自分自身を知る」という哲学的な問題にも関わってきます(我々はどこから来て、どこに行くのか)。

最後に、民族という問題を考える際にも、各国の歴史を学ぶことは、そこに住む人々に対する理解やあるいは共感を深めて、できるだけ偏見を排して客観的に他国(他の人)を見る目を養うことができるようになると思います。

 次に、「歴史を学ぶ」ための方法論ですが、これには二つの方法があると思います。

一つは、「時間軸をずらす」ことです。

ヨーロパに例をとれば、古代ギリシア・ローマの奴隷制、中世ヨーロッパの封建制、近世・近代市民社会、こうした時代を知ることで、今の現代を相対化できます。

もう一つの方法は、「空間軸をずらす」ことです。

同時代の中国、朝鮮、中近東、ヨーロッパ、アメリカなどの空間を知ることで、同じように自己を相対化できます。

こうした方法で、先史時代から現代の地球上の歴史を全体的に俯瞰的に見ることで、現代の世界をより正しく認識することが可能になると思います。

最後に、従来、我が国の「世界史」教育に陥りがちだったヨーロッパ中心史観(もちろん、それを改善しようとする試みはなされてきてはいますが)から脱却する必要があります。

例えば、イスラームから見た「世界史」、遊牧民から見た「世界史」、アフリカから見た「世界史」、また他にも従来「周辺」と考えられていた地域から見た「世界史」など、様々な異なった視点から、色々な角度から「世界史」を学ぶことが必要です。

それによって、現在私たちが当たり前のように思っている「世界史」の理解が決して絶対ではないことがわかると思います。”

*上記の文章は、私が高校の「世界史」の最初の授業に生徒に配布したプリントをもとに、新しく書き直したものです。

(2018. 10. 19)

序章

[序]先史時代

※ダーウィン(英生物学者)

“人類はサルの一種から進化した”
=進化論 『種の起源』(1859)

1.人類

特性:直立歩行、道具の製作、火の使用、言語の使用

(1) 化石人類—旧石器時代

① 猿人(約700万年前)
・サヘラントロプス(2001年チャドで発見)
・ラミダス猿人(1992年エチオピアで発見)
アウストラロピテク(群)(1924年南アフリカで発見)

特徴—直立歩行、打製石器(礫石器)を使用、群社会(ホルド)を形成

② 原人(約240万年前)
・ホモ=ハビリス(1964年タンザニアで発見)
ジャワ原人(ピテカントロプス=エレクトゥス)(1891年ジャワ島で発見)
北京原人(シナントロプス=ペキネンシス)(1929年アンダーソン周口店で発見)

特徴—火の使用、言語の使用、道具の使用(打製石器=石核石器:握斧)

③ 旧人(約60万年前)
ネアンデルタール人(1856年ドイツで発見)
・ハイデルベルク人(1907年ドイツで発見)
・スウォンズコーム人(1936年イギリスで発見)

特徴—打製石器(剥片石器)の製作、埋葬の風習(宗教)、衣服の着用

④ 現生(新)人類—後期旧石器時代(約20万年前)
クロマニョン人(1868年フランスで発見)   
・グリマルディ人(1901年イタリアで発見)
・周口店上洞人(1935年北京原人の上の洞窟で発見)

特徴—骨角器の製作。洞窟絵画
ラスコー(1940年発見フランス)
アルタミラ(1879年発見スペイン

目的—狩猟の成功を願う呪術的作品か?

2.農耕と牧畜の始まり

※獲得経済から生産経済へー「 新石器革命」(英考古学者チャイルド)

(1) 旧石器時代(約500万年前から)
狩猟・漁猟
身分差のない原始社会
打製石器

(2) 新石器時代(1万年前から)
集団で移動 狩猟+農耕牧畜
集団で村を作る(定住生活)
磨製石器、彩文土器

3.発生地

① 西アジアー小麦・大麦の栽培、羊・山羊の飼育
ジャルモ遺跡イェリコ遺跡

② 東アジアー雲南(中国の南)・アッサム(インド)地方での栽培説
中国黄河流域で粟・米の栽培
長江下流域で犬・豚の飼育(家畜)

③ 東南アジアータロイモ・バナナ栽培(最古の説)

④ アメリカ大陸—トウモロコシジャガイモトマト、さつまいもなど

※稲(米)、小麦、大麦は 保存ができる

4.古代文明のおこり

(1) 四大文明−エジプト・メソポタミア・インダス・中国(黄河)

なぜ、大河のまわりに文明がおこったのか?

・農耕の発展→ 灌漑(田畑に水を引くこと)農法の始まり
・治水・灌漑工事は、共同作業→指導者の登場
・指導者は種・あまりの食料(共同の財産)の管理者
青銅器 (銅とスズの合金)の使用
→生産の増加、余剰生産物を神に捧げる
・指導者は祭りを執り行い、戦争を指揮
・分業の成立→階級の成立(支配する者:国王・貴族;支配される者:民衆)
  
※ 文明(Civilization)とは何か。 
—19C.初頭のギゾー(仏歴史家)の造語
ラテン語「キヴィス」「キヴィタス」=“都市化”

・法や制度が生まれる→国家の成立
・文字の使用→歴史(ヒストリー;語源はヒストリア:ギリシア語)時代。
・文字・青銅器の使用=文明の誕生

(2) 文明
一定の社会で観察される政治的、社会的、経済的、宗教的、文化的現象の総体
※文化(Culture)との違いは?

(3) 文化
文明より主観的な領域。精神と美的感覚を高めるために、美術、文芸、学問を通して、人が修得すべき知識の総体。

※ 都市文明の指標(めじるし)

・政治組織と階級制度の発生。
・交易の発展と規模の拡大。
・非農業的専従者(王、官僚、神官、軍 人、商人、職人など)の存在
・彼らの居住空間としての都市(周壁をめぐらし、神殿を中核とする)の存在
・文字の使用、冶(や)金術、交通手段の発達。

※人種・語族・民族の定義

・人種―身長・頭の形・皮膚の色・毛髪・眼球の色・血液型などの生物学上の特徴で人類の集団を分類する概念。
<白色人種(コーカソイド)、黄色人種(モンゴロイド)、黒色人種(ネグロイド)>

・ 語族―同系統の言語を話す人間集団を歴史学の上では語族と称す。

・民族―言語をもっとも主要な基礎とし、宗教や社会習慣など、文化的伝統を同じくする集団をさして用いる概念。

(以下、※は補足です)

(2018. 10. 19)


第一部:古代

第1章 オリエントと地中海世界

[ 1 ] 古代オリエント

[ 2 ] 古代ギリシア

[ 3 ] 古代ローマ

第2章 アジアの古代文明

[ 1 ] 古代インド

[ 2 ] 黄河文明・殷・周

[ 3 ] 秦・漢

第3章 東アジア世界の形成

[ 1 ] 魏晋南北朝

[ 2 ] 隋・唐

第二部:中世

第4章 イスラーム世界の形成と発展

[ 1 ] イスラーム世界の形成

[ 2 ] イスラーム世界の発展

第5章 ヨーロパ世界の形成と発展

[ 1 ] 西ヨーロッパ世界世界の成立

[ 2 ] 西ヨーロッパ世界の発展

第6章 東アジア世界の形成と発展

[ 1 ] 宋と北方民族

[ 2 ] モンゴル帝国と元

第三部:近世・近代

第7章 近代ヨーロッパの誕生

[ 1 ] 大航海時代

(1) 新航路開拓の背景

① スペイン・ポルトガルによるレコンキスタの完了
―イベリア半島からイスラーム勢力を駆逐(1492年)→膨張運動として

② マルコ=ポーロの『東方見聞録(世界の記述)』により、東方への関心

③ オスマン=トルコにより、ビザンツ帝国の滅亡
ーコンスタンティノープルの陥落(1453年)
オスマン=トルコが東方貿易(レヴァント貿易)を制圧
→イタリア商人は、新たな活動の場を西方に求める(イベリア半島・北アフリカの北部沿岸など)
香辛料(特に胡椒)の直接獲得の利益を求める

④ 科学・航海術の発達
トスカネリが地球球体説を唱える
マルティン=ベハイムが地球儀を作製(1492年)
カラベル帆船、緯度航法、羅針盤(宋代に実用化→イスラムを経て欧へ伝播)等の利用→大洋に乗り出すことが可能

⑤ 中央集権国家の成立(ポルトガル・スペイン)―レコンキスタが強力な統一国家の形成に寄与
→王立事業として、航海事業に乗り出す

プレステ=ジョアン(プレスター=ジョン)伝説―アフリカ内地にキリスト教王国の存在(エチオピア?)
→対イスラーム挟撃計画を構想(宗教的要素)

(2) インド航路の開拓―東回り(ポルトガルによる航海事業:1498年)

エンリケ航海王子(1394〜1460)の奨励―航海学校の設立
アゾレス諸島到達(1431)→ヴェルデ岬(アフリカ最西端)到達(1445年)
大西洋・アフリカ西岸探検―象牙・奴隷・貴金属を取引

バルトロメウ=ディアス(ポルトガル人)―喜望峰到達(1488年)
 
ヴァスコダ=ガマ(ポルトガル人)―「キリスト教徒と香料を求めて
 アフリカのマリンディ経由→インドのカリカットに到達
 =インド航路の開拓(1498年)

④ 東方貿易の独占(首都:リスボンの繁栄)―イスラーム貿易圏への食い込み
 ディウ沖の海戦(1509年)―ポルトガル艦隊(アルメイダ:初代インド総督)、エジプト艦隊(マムルーク朝)を破る=インド洋での海軍力の優位

インドのゴア占領(1510年)→マラッカ(1511年)、セイロン島(1518年)占領(2代インド総督アルブケルケの活躍)

モルッカ(香辛料)諸島制圧(1536年)→アジアの香辛料貿易を独占
中国(明)の広州(1517年)、種子島(1543年:鉄砲伝来)、平戸(1550年に来航(南蛮貿易

中国のマカオの居住権を獲得(1557年:1887年領有)

(3) 新大陸への到達(1492年)と世界周航(西周)―スペインにより

コロンブス(イタリア人:ジェノヴァ出身)
 トスカネリの地球球体説とマルティン=ベハイムの地球儀の影響
 スペイン女王イサベルの援助→サンタ=マリア号によりパロス港を船出
サンサルバドル島(現:西インド諸島、バハマ群島)に到達
アメリカ大陸に到達(1492年)
先住民をインディオと呼ぶ
ーインドと誤認

※ 教皇子午線(教皇アレクサンドル6世により:1493年)
※ トルデシリヤス条約(スペイン・ポルトガル間:1494年)

カボット父子(イタリア人:父ジョヴァンニ;子セバスティアン)
 英王ヘンリ7世の援助で北米探検(ニューファンドランド島:1497年)

アメリゴ=ヴェスプッチ(イタリア人)―新大陸(ヴェネズエラ)探検
 →インドではなく新大陸と報告(1500年)=アメリカの名称

カブラル(ポルトガル人)―ブラジルに漂着
→ブラジルはポルトガル領になる

バルボア(スペイン人)―パナマ地峡を横断→太平洋を発見(1513年)

マゼラン(マガリャンイシュ:ポルトガル人)の世界周航(1519年〜1522年)
 スペイン王カルロス1世の命、スペイン出発(1519年8月)
マゼラン海峡を「発見」命名(1520年10月)→太平洋横断
フィリピン諸島に到達(1521年)、マゼラン戦死
→部下がスペインに帰還(1522年10月)=大地の球形を証明

ドレイク(イギリス人)の世界周航(1577年〜80年)―エリザベス女王の援助

(4) アメリカの征服(征服者=コンキスタドール)

① 古代アメリカ(アメリカ・インディオ)
特色:
とうもろこし・じゃがいも栽培中心の農耕文明
神殿・ピラミッド・太陽信仰(神権政治)
青銅器文明(鉄・車・馬などを使用
せず)
=古代オリエント・中国古代文明と共
通する性格

・メソ=アメリカ文明(メキシコ中心)
オルメカ文明(前1000頃)—メキシコ湾岸、ジャガー神信仰
テオティワカン文明(6世紀頃)—メキシコ中央高原、太陽のピラミッド
マヤ文明(6〜16C)—ユカタン半島中心→神殿中心、神権政治(神官)
 都:チチェンイッツア→マヤパン
 絵文字・太陽暦・二十進法(ゼロの概念)

・アステカ文明(14〜16C)
—メキシコ高原
 都:''テノチティトラン'‘
(現:メキシコシティ:テスココ湖) チナンパ農法(浮遊菜園)-共同耕地
「花の戦争」—太陽信仰による人身御供の奴隷狩り
コルテス(スペイン人)による征服(1521年:モクテスマ王)

・アンデス文明(ペルー中心)(チャビン文化:前1000年頃)
インカ帝国(13〜16C:ケチュア族)
 都:クスコ
 太陽神信仰、キープ(結縄)による数の記録(十進法)(キープカマヨにより)
 チャスキ(飛脚)の制度—道路網の発展
ピサロ(スペイン人)による征服(1533年:アタワルパ王)

② スペインによる新大陸統治(インディアス)
本国—インディアス評議会
植民地—アウディエンシア(統治機関)

エンコミエンダ制(16世紀頃:土地制度)
国王は、植民者にインディオの「文明化(キリスト教化)」義務づけを代償に征服地 とインディオの統治を「委託」(事実上の奴隷制)
→インディオの減少
ラス=カサス(インディオの擁護者)の批判 
『インディアスの破壊についての簡潔な報告』(1552年)

※ アリストテレス論争
「野蛮人」は他人から支配され統治される必要がある(自然奴隷)
(アリストテレス学者セプルーベダ対ラス・カサス)

レパルティミエント制(16C後半〜17C.前半)
ポトシ銀山などの鉱山開発において実施(配給制)
行政当局が、現地住民を強制移住労働(ミタ)によって割り当てる。

アシェンダ制(17〜18C:大農園制)
砂糖きび栽培などで、債務奴隷を主な労働力とするプランテーション。
→アフリカから黒人奴隷を輸入(1518年〜)

・スペインのフィリピン進出
 メキシコ(アカプルコ)→フィリピン(マニラ:総督レガスピ領有)
 →中国(明)=太平洋航路就航(1565年〜19世紀初頭:年1回の定期往復航路)

※「白い伝説」
ヨーロッパ人は、原住民をキリスト教化、すなわち文明化した。
※「黒い伝説」
スペイン人は、インディオを略奪・虐殺した。(英仏の批判)

(5) 大航海の影響

ヨーロッパ世界の拡大と「一体化」
ヨーロッパ勢力のアジア・アフリカへの進出→ヨーロッパ有意の確立

① 経済革命
 ・商業革命(16世紀)
 貿易の中心が地中海や北海・バルト海 から大西洋へ移動
 北イタリア海港都市やハンザ同盟(リューベックなど)の衰退
 大西洋岸の諸都市(リスボンなど)が繁栄

価格革命(16世紀)
新大陸の豊富なの流入
→貨幣価値の下洛やインフレ(物価騰貴)が起こる
→固定地代に頼る封建貴族の没落
→封建社会の解体を促進
 
・中世世界観の崩壊
スコラ哲学(中世のキリスト神学)
宇宙観の崩壊

・生活の変化
新奇物資の流入(タバコじゃがいも・トマト・トウモロコシ・唐辛子など)

・近代奴隷制度の成立(三角貿易により:16世紀〜19世紀)

(2019. 9. 6)     


[ 2 ] ルネサンス

[ 3 ] 宗教改革

第8章 ヨーロッパ主権国家体制の展開

[ 1 ] 絶対王政諸国の盛衰

第9章 アジア諸国の繁栄

[ 1 ] 明

[ 2 ] 清

[ 3 ] イスラーム世界の繁栄

第10章 欧米における近代社会の成長

[ 1 ] 産業革命

[ 2 ] アメリカの独立

[ 3 ] フランス革命とナポレオン

第11章 欧米における近代国民国家の発展

[ 1 ] ウィーン体制とその崩壊

[ 2 ] 自由主義・国民主義の進展

第12章 アジア諸地域の動揺

[ 1 ] 近代以降の西アジア

[ 2 ] イギリスのインド支配

[ 3 ] 列強の東南アジア進出

[ 4 ] 東アジアの激動

第四部:現代

第13章 帝国主義とアジアの民族運動

[ 1 ] アフリカ分割

[ 2 ] 帝国主義諸国の対立

[ 3 ] アジア諸国の改革と民族運動

第14章 二つの世界大戦

[ 1 ] 第一次世界大戦とロシア革命

[ 2 ] ヴェルサイユ体制

[ 3 ] 世界恐慌の対策とその影響

[ 4 ] 第二次世界大戦

第15章 戦後の世界

[ 1 ] 第二次世界大戦後の国際関係

[ 2 ] 戦後のアメリカ合衆国

{ 3 } 戦後のヨーロッパ

[ 4 ] 戦後のソ連・ロシア

[ 5 ] 戦後の東欧諸国

[ 6 ] 戦後のアフリカ諸国

[ 7 ] 戦後のラテンアメリカ

第16章 地域史

[ 1 ] 朝鮮史

[ 2 ] 東南アジア史

[ 3 ] アフリカ史

[ 4 ] 東欧史

a:511 t:1 y:1